ハチの巣駆除は業者にお任せ|業者選びナビ

業者に依頼しよう

駆除

ハチの巣を駆除する際に必要なものには、ハチに刺されないための安全な防護服・スプレータイプの殺虫剤・ほうきとちりとり・ゴミ袋があります。ハチの巣を駆除する際に大切なことは、ハチに刺されないようにすることです。そのために、しっかり防護服を着るようにしましょう。そのため、防護服はなるべくハチの針を通さない厚手のものを着るとよいでしょう。特にスズメバチの巣を駆除する際には、危険が伴うため、防護服の下に何回か厚手の衣類を重ねてきておくと安全に駆除を行えます。個人でハチの巣を駆除する際には、安全性を考えて駆除を行うことが大切です。

ハチの巣を駆除するタイミングは、ハチが巣に戻ってくる夕方から夜にかけて行うとよいとされています。ハチが巣に戻ることで、ハチの巣だけではなく全てのハチを駆除できるためです。駆除をする方法は、防護服を着た状態で、巣よりも離れた場所でハチが戻っている事を確認します。戻っていることを確認できたら、殺虫剤を1~2mほど離れたところでハチの巣全体に噴射させます。殺虫剤を噴射させるとハチたちが一斉攻撃してきますが、次第に殺虫剤が効いて大人しくなるため、ハチの巣を中心に噴射させておくとよいでしょう。ハチの攻撃が収まったら巣をゴミ袋に被せて素早く取り外します。その後、残骸などをほうきとちりとりで綺麗に取り、ゴミ袋へ入れます。最後にハチの巣が入ったゴミ袋を少し開け、もう一度殺虫剤を噴射させます。そうすることで、中でまだ生きているハチを退治できるのです。そして、ゴミ袋を縛って捨てれば駆除は完了となります。しかし、個人で駆除をするとなると、必要な用具を揃えるために費用や手間がかかってしまうため、業者の方に依頼して駆除してもらうとよいでしょう。