ハチの巣駆除は業者にお任せ|業者選びナビ

ハチは危険な生き物

作業員

ハチには、ミツバチやアシナガバチ、スズメバチなどが有名です。ミツバチの場合は、ハチミツを作ってくれるため日本の各地で養殖されていることが多いです。また、ハチの巣やミチバチ自体を刺激しなければ攻撃をしてこないという特性もあるため、極めて安全なハチと言えます。しかし、ハチの巣の大きさにもよりますが、大きいもので3万匹から8万匹ほどのハチが生息しているため、安易にいたずらをしてしまうと一斉攻撃をされてしまう恐れがあるので気をつけましょう。一方、スズメバチやアシナガバチなどは、攻撃性が高く巣に近づくだけで刺されてしまう可能性があるため、最も危険なハチとされているのです。そのため、ハチの巣を見つけたらすぐに駆除をする必要があります。

スズメバチやアシナガバチなどは、全国に生息しており、住宅の屋根裏や軒下、木の枝などにハチの巣を作るため、年々被害が増えています。ハチの巣を駆除しようとして、スズメバチに刺されることにより、激しい痛みと共に皮膚が腫れてしまいます。また、軽症の場合だと、体がだるくなったり、息苦しさを感じたりという症状が現れます。中等症の場合は、腹痛や頭痛、嘔吐やめまいなどの症状を訴えるようになります。そして、もっとも恐ろしいのが重症とされており、重症の場合は、死に至る可能性があるとされているのです。そのため、スズメバチバチには十分注意する必要があります。住宅などでハチの巣を見つけた際には、業者や専門の方に依頼して駆除してもらうようにしましょう。駆除したことにより、スズメバチに怯えることなく安心して生活ができます。